FC2ブログ

看板あれこれ

RASTA九州(株)の仕事内容です。 RASTAで高所のサイン工事を展開中。サイン工事、内装工事、印刷物まで巾広く行っています。RASTAチームとして全国・世界へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回九州サインディスプレイショウ出展 お疲れ様でした。

今年も九州サインディスプレイショウに出展いたしました。
今回は九州広告美術業組合連合会の福岡大会と重なり、九州全域からお客様が来て頂きました。
P9110009.jpg

会場の都合で、デモンストレーションが出来なかったのは残念ですが、
その分出展ブースに「TV特集された動画」や「最新の施工事例20件写真」、「スライドショーによる事例特集」
など演出に力を入れた結果、大きな反響をいただきました。
P9110010.jpg

当日弊社ブースにこられた方の質問は、
「怖くないの?」「風が強いとシート貼りが出来ないでしょ?」
「これぐらいの広さだと何日かかるの?」
「施工金額は高いのでしょう?」などなど

ご質問された皆様へは、丁寧にご説明させて頂きました。

今回ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

RASTA九州 株式会社
代表取締役 中野 眞佐志
スポンサーサイト

名古屋駅前での仕事

名古屋は3ヶ月ぶりです。前々日まで雪が降っていたので心配しましたが、今日は風もなくRASTA日和です。
今回のミッションはW12m×H10mの塔屋看板の貼り替え工事です。2日間の予定で行います。
実は、今回の絵柄は元プロ野球選手が出てくるとの事で、貼るのが楽しみです。
場所も名古屋駅の真前、屋上からホームが見えます。
IMG_6956.jpg

そうこう言っているうちに先発隊が貼り始めました。
これぐらいの広さだと2名が貼り部隊で1名が裏方部隊となります。
IMG_6945.jpg

貼り部隊は、慣れた手さばきでどんどん貼って行きます。
誰が登場するか?楽しみです!

ちょこっと見えて来ました。
ここで判れば、ボーナスポイントをプレゼント!
IMG_6935.jpg

ところで、塔屋看板のウラはどうなっているかご存知ですか?
H鋼とLアングルで骨組みを形成しています。
一般的には、上に登るハシゴはありません。
鋼材を腕力で登って行くしか方法はありません。
トップまで登ったら、鋼材を歩きながらロープをセットして行く事になります。
もちろん、命綱をつかっていますよ(私達はランヤードと言っています)
IMG_6955.jpg

グラフィックがだいぶん出来上がって来ました。
IMG_6949.jpg

そう元プロ野球選手の古田さんでした。

福岡に帰る前に名古屋駅から出来上がりを確認してみました。
バッチリ目立ちますね!
IMG_6962.jpg

私達の仕事は、スマートでなければいけません。
短期間のうちに、音も無く、作業をして行くスタイル!
ギャラリーが見ても、安心して見て頂けるそれが「RASTA工法」です
RASTA九州をご覧下さい

2014年屋外広告に新風を吹込め!

皆様、明けましておめでとうございます。
RASTA工法を開発して、今年は、6年目となります。
おかげさまで、RASTA技術者も5名となりました。
IMG_6791.jpg

技術者の増加により
私が理想とする「屋外広告の施工方法」
お客様が求めている「屋外広告の施工方法」に一歩づつ近づいていると思います。

それは
金額は当然のことながら、安全で安心して見て頂ける施工!
現調から見積り、施工に至るまでのスピードの速さ!
現場での機動力!
どんなロケーションでもアグレッシブに行動する!
PC200059_convert_20140108133241.jpg


更なるハイクオリティーを求めて1年間躍進して行きたいと思います。
屋外広告施工で、お悩みの広告代理店の皆様、是非一度弊社ホームページをご覧下さい。
新たな道が開けると確信します。

RASTA九州株式会社 代表取締役 中野 眞佐志
弊社ホームページ


テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

箱文字取替工事

今年も残り1ヶ月になりました。
今回は、RASTA工法による、箱文字交換作業です。
一般の方は、判りづらいと思うのでここで箱文字について解説いたします。

建物の壁面に取付けられている文字は、厚みのない物と厚みの有る物とが有ります。
厚みが5cm以上あって弁当箱のような形になっているものを箱文字といいいます。
素材は、スチールもしくはステンレス。
厚みは1mm前後の板で形を作っています。
今では、パソコンで原稿を作れば、どのような形でも色でも製作可能です。
もちろん、LEDを仕込む事も出来ます。

今回は院名が変更になるため、既存文字を撤去して、下地を塗直しで新規文字を取付けて行きます。
病院なので、下記の事を考慮し弊社での作業となりました。
1、作業期間が短い
2、最小限の音で作業ができる
3、多くの人が院内に立ち入らない
4、窓などを囲う事なく作業ができる。

最初に、旧院名を撤去しましょう。
IMG_1429_convert_20131211155554.jpg

取った後の穴にシリコンを入れて穴埋めです
IMG_1434_convert_20131211155919.jpg

箱文字をはずすとその部分だけが色が違うので、部分塗替えをします。
養生をして2度塗りが通常の方法です。
IMG_6640.jpg

原寸原稿で取付け位置を出し、穴を空け、新規箱文字を取付けます。
IMG_6642.jpg

全部取付けて、クリーニングを行って作業完了です
IMG_6648.jpg

ロープ作業で箱文字の交換が出来ないと思っている方がいましたら、それは昔の事です。
RASTA工法でRASTA技術者が施工をすれば、通常の足場作業と同じように作業は可能です。

是非一度、弊社ホームページをご覧下さい。
RASTA九州ホームページ

RASTA九州株式会社 
代表取締役  中野眞佐志

東京錦糸町蛍光灯交換

今日から東京で作業です。
仕事でないとなかなか来れない場所ですね、錦糸町は。
さて今回の作業は、ビルについているFF看板および袖看板の蛍光灯交換です。
なぜ福岡からとお思いでしょうが、
実はビルの前にアーケードが設置されていて高所作業車が隣接出来ないのです。
また足場を設置するにしても、交差点のど真ん中なので、
許可を取るのも、設置するのも時間がかかるのです。
今回の場合は、お問合せから施工完了まで4日というハイスピードで行います。
IMG_6589.jpg

蛍光灯は52W×70本 初めて52Wを交換しました。やっぱ長いね!
実際に交換してみると器具不良が1灯ありました。
このような事も想定内の事なので、器具の予備を用意しているので大丈夫です
IMG_6595.jpg
交換し終わった写真です。

明日は袖看板とFF看板の2本立てです。
安全第一、確実施工で明日も頑張ります。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。